HOME>特集>九州で最も住みやすい街へ

福岡の人口が上がっている背景

福岡県は、九州で最も人口が多く、栄えている都市として有名です。少子高齢化により、九州内での他の地域では、仕事や人口問題を抱えている中で、働きを求めて、福岡に集まっている傾向が高まっているのです。特に、福岡県でも第三の都市に当たる久留米の土地は、現代に合った街づくりがしやすく、住みやすい街として人気を集めています。九州は、福岡と肩を並べるほどの大きな都市は、ほとんど無く、今後さらに各地の九州にある都道府県から人が集まり、久留米の土地を含め土地の価値が上がっていく可能性があるでしょう。

九州の中でも、程よい距離に位置する都市

久留米の土地に集まってくる人々の多くは、九州の他の都道府県を地元とする人々です。実家への帰省も帰省しやすく、知人や友人なども、福岡で働いている傾向も高くあるでしょう。福岡市に比べれば、地価も低く、久留米の土地で一軒家も夢ではありません。福岡市のベッドタウンとしての一面が強まっている中、福岡市までのアクセスがアクセスしやすくなっています。

街の中での特徴について

久留米の土地は、福岡県で第3の都市として、又、人口が増えつつある中で、大型ショッピングモールも存在します。福岡県で、中核都市に認定されている都市でもあり、人口で見れば、地方の県庁所在地と変わらない規模があります。焼き鳥店が数多くあり、お酒が大好きな方は、お酒のおつまみとして、楽しめる土地でもあるでしょう。

老後にも住みやすい理由

久留米は、自治体の方針として、医療機関に力をいれている都市として有名です。高度医療都市と呼ばれる場合もあり、久留米での土地は、老後にも安心して住みやすい土地でもあるでしょう。都市としては、福岡でも最大規模の農産都市でもあり、新鮮さも手に入れやすく、魅力的な地域でもあります。

広告募集中